テキサス親父節、今日も絶好調でした^^

大阪国際交流センターという、まさに日米の架け橋になっている感じの、親父殿の講演場所としてはもってこいの施設での開催。3階の一室/約50人ほどが一堂に会し、ちっこい親父殿を万雷の拍手で迎え入れた。

実は、同時通訳(事務局長でもあるshun氏/因みにカーネル=大佐職を本当に賜っている。詳しくは下記URLで)も兼ねて講演をしていただいたのだが、当方、こういうスタイルの講演は初めてであり、レジュメあたりが用意されていると思っていたのだが、それもなく、方向性に欠ける内容になってしまったのが残念である。
逆に言えば、種々雑多の項目について述べられ、たとえば、食事のマナーや、驚異的な発展をどうして日本は遂げたのかについての考察、特亜人と日本人の違い、シーシェパードの物言いは、つたない英語で伝えようとする日本人より低レベル、などなどww。日本人より、より日本人らしい考察ができるのは、外国人ならではとさらに理解を深めたのである。

質疑応答もどちらかというと講演内容にねざした内容が多かったのだが、その中のひとつに感銘を覚えた。
質問内容は「中国における重大な人権侵害や主権冒涜に関してどう思うか」というもの。われわれにしてみれば、中国共産党の一党独裁が続く以上、悪くなることはあっても好転することはないと思っていたのだが、氏の意見は違っていた。
氏に曰く、世界第2位の経済大国になり、自由に諸外国に行き来する人々が増えていくと自国の閉鎖的/収奪的な政府に疑問を感じる人は、日に日に増えてくるはずで、そういった人たちがある日突然大きな動きをしないとも限らない。時間はかかるだろうが徐々に変わりつつあるのでないかという見解を示されたのだ。
「俺の目の黒いうちに」なんて意訳してくれていたのだが、氏はあとで、「それって2・3年のことだって言うことなんだけどな」と面白くフォローしていた。
当方もいろいろ聞きたかったのだが、時間が押して最後の質問者に選ばれた。聞いたことは「今回の予定」である。
ほとんどシークレットに近い今回。というのもスケジュールがかなり押している様子なのだ。前回は10日ほど滞在していたようだが、今回もほぼ一緒。ただ、太地に再度訪問するのは確定しているようなので、あの辺鄙な場所に訪れるだけで2日はかかってしまう。そのほかにも京都観光なども予定されているそうだ。因みに事務局長がじきじきに答えてくれた。

あまり大したことはできない小生だが、彼の大好きなチョコレート(それも明治製が大好きということでそれを中心に4品種)を手土産にと手渡した。そうかと思えば、彼のタイガースの気に入りぶりに何を思ったのか、タイガースがらみの小ぶりなぬいぐるみを何体もプレゼントしたものがいた。「持ち荷になる」と考えればかさばるものはあまり喜ばれないという連想ができない人なのかな、と思ってしまった。当の本人は大喜び。まあ、宅急便で送り届けることになるんでしょうけどね。
親日とされる外国人に、サポーターまで付いて、招待することもまれながら、それが2回目になるとは夢にも思っていなかった(前回の決算は大幅赤字であり、ほぼ事務局長の自腹で成り立っているという現実もある/また、会を運営するスタッフ全員ボランティアというのにも驚かされる)。たぶん3回目はないと思っているが、それゆえこんな機会があったというだけで大満足である。
<ご参考>
事務局長氏 ケンタッキー州の大佐に任命されるの顛末に関してのブログ
テキサス親父 公式サイト



テキサス親父演説集 DVD&BOOK (DVD&BOOK) (単行本・ムック) / トニー・マラーノ
CD&DVD NEOWING
★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。

楽天市場 by テキサス親父演説集 DVD&BOOK (DVD&BOOK) (単行本・ムック) / トニー・マラーノ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テキサス親父演説集(DVD付)
飛鳥新社
トニー・マラーノ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by テキサス親父演説集(DVD付) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

"テキサス親父節、今日も絶好調でした^^" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント