地方選の結果を考える

一応、当然の結果がでたようである。『民主党』の看板を出した候補が次々落ち、『推薦』をもらった知事候補が軒並み涙を飲む。ここまで『ヤタケタ』の政治をしているところと同じ穴の狢に議席を持たせるわけには行かない、と言う国民の民意の表れではないかと思う。
民主党の議席が0の県もいくつかあるようであるし、ダブルスコアどころか大差で決着しているところが大半である。唯一の例外は大阪。都構想を打ち出している「大阪維新の会」が大躍進したことである。いわば、中央のめちゃくちゃ政治に嫌気がさしての自治志向が大きく影響したものと思われる。
地域政党が果たして今後どの程度勢力を持ってくるのかは未知数である。しかし、今の2大政党の優劣がほぼ決まったのは間違いない。
今後、『負けた側』の民主をマスコミどもがどう擁護し、言い訳にするのか?ジミンガ-ならぬ「ジシンガ-」 と幹事長も言っているが、選挙を強行したのはそちらですからね、あしからず^^

"地方選の結果を考える" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント