スト、するようですね・・・。

 今日の選手会の会合で決まった模様です。これで、機構側(球団サイド)と選手会が同じテーブルに着く可能性も否定されることにもなりかねません。
 何しろ、会社のやることに口出しできない、選手は「雇用者」と認められていないようなのです(球団側が、選手会を「労働組合」と認めていないことがそもそもの始まり)。スト権はあるものの、団体交渉権が存在しているのかも疑わしいですし、ストをすることで減俸されること自体が、選手たちの立場を不安定なものにしているといってもいいでしょう。挙句、ストしたら損害賠償請求も、なんて球団側はいっています。
 しかし、ストを生み出したのは、選手側のエゴイズムからではなく、企業としての球団の理不尽さからが本筋であり、事実、世間はスト容認が大勢を占めています。「ストやむなし」の決断を下した選手側に同情的な意見も多く、私も彼らの苦渋の選択を支持したいと考えます。
 「無駄な抵抗」と見るか「勇気ある決断」と見るか・・・。オーナー会議で合併自体が白紙に戻るとも思えず、球団を作るとぶち上げた堀江氏もなしのつぶて。ペナントレースに興味がなくなってしまったこと自体が、もうすでに日本プロ野球・崩壊の序曲のように思えてなりません。

"スト、するようですね・・・。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント