独り言 その6 テロは今に始まったことではないのに…

イスラム国という"アラブの山賊"(某番組で、いみじくもこう命名された、黒鉄ヒロシ氏をリスペクトして、当方はこの蔑称も使わせていただくことにする)によるテロと、人質の容赦ない殺戮。世界を敵に回して「こうやって日本人殺してる俺たちカッケー」という恣意行為ばかりになっている、彼らの内情というものはうすら寒いものがあるといわざるを得ない。

一部のマスコミは、それまで、ジョージと美佳の泥沼劇ばかりだったのが「絶好の安倍叩き素材キタ━(゚∀゚)━!!」とばかりにほぼ一斉にこの関連の報道ばかり。地方局にまでそれは飛び火する事態になっている。

しかし・・・
テロ行為が昨日今日に始まったかのような報道ぶりだが、彼らの頭の中からすっぽりと抜け落ちている「2001.9.11」という日付。もうこれを提示するだけで、いかに今までの日本のマスコミが、テロ行為やそういったものに対して、耐性がないかということを知らしめることにもなってしまう。挙句の果ては「セイフガ-、アベガー」を連呼する、まるで、テロリストたちとお友達です!と宣言するような行為も平気でやれてしまう。また、こういう行為に批判でなく迎合する姿勢を見せてしまう。マスゴミがゴミであるゆえんでもある。

そして、今や「左翼必聴の日曜朝」であるサンデーモーニングでも、実行犯ではなく、一種の被害者でもある政府批判を止めようとしない"正論"をぶちかましてくれた。
毎度のcoffee氏のブログ。もうこいつら、あほかと。馬鹿かと。日本国内・日本人の問題なのに、帰化人であっても韓国由来の人が発言したりするなど、むちゃくちゃな構成であんぐりである。

利敵行為、という言葉をマスコミ人士は知らないのか、それとも確信犯なのか…。そして、彼らマスコミもお口にチャックしているのが、日本発のテロ集団…日本赤軍のテロ行為である。もっと直近で言えばオウムの事件も立派な一般大衆を狙ったテロである。

外国人より、変な教義に心酔しきった日本人によってしでかされたテロの方を恐れていないという姿勢をみるにつけ、今だけが大事で、歴史のことなどどうでもいいマスコミの人たちにとっては「過去のことだし(それを蒸し返したら、どんな粛清食らうか…)」ですませようとしている魂胆がありありである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック