本当に「引退詐欺」はしないつもりなのか・・・宮崎氏 引退記者会見に思う

9月6日、引退に関する記者会見を行った宮崎氏。

質疑応答の要旨や自身が報道各社に配った「引退の辞」なる宣言文を総合すると、”あやしぃ”といわざるを得ない状況である。

わたしがそのように思っている最大の要因は、引退の辞の中に「ペンを置く」的な文言が一切含まれていない点である。
→NHKのものを参考にしました。こちら

勿論、会見の冒頭「今回は本気です」といっていることから、もう辞める辞める詐欺は起こさないということを宣言したと見るべきだろうが、一方で、「僕は町工場のおやじで、それを貫きたい」という発言があった。町工場のおやじが何も作らない/ただぼぉっとしているという風には考えにくい。むしろ、この一言の中に「又書きたくなったら始めたらいい」くらいに、今回の引退宣言を受け取っている節がありありと見れるのだ。

ヘビースモーカーながら持病持ちだとか、体の不調を訴えているということはあまり聞かない。体のつくりが常人と違うのかな、と思う反面、「加齢による我慢や無理が利かなくなった」と老いが今回の引退を後押ししたと、述べてもいる。

総合的に判断すると、「後進の育成など、アニメ関連の仕事からは手を引く。でもスタジオには顔を出す」と、アニメーション関連のことには関わらずにやりたいことをやるというふうにいっている。
仕事一途で来た人間がそうそうリタイアできるとは思えない。「又復活しやがったよwww」といわれながらも、又現場復帰している可能性もありえるだけに、来年くらいのジブリの発表には要注意である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック