ブログ炎上で自殺・・・

病院で番号で呼ばれたため、「ここは刑務所か」と悪態をつき、罵倒した挙句に病院の実体をブログに記した岩手県議の男性が、謝罪した直後になんと自殺してしまったと言うニュースが駆け巡った。

当方は、HPの「つれづれなるままに」などでも、「口は災いの門」と何度となく書いており、実際書きながら自身への戒めにもしている。
今回の件は、仮にも病院であり、番号制にしていることに気付いていても普通は激高するのはお門違いであり(銀行など、受付番号カードを取るところでも彼はこうしてがなり立てていたのだろうか・・・)、また、「腹が立って会計しないで帰った」などは番号制度とは一切関係なく、むしろこのことをさらすことで、犯罪行為をしたと公言してしまったのも悪かった。

要するに、身から出たさびであり、謝罪程度で収まる事案でもないと考えていた。むしろここまでの事を言い表せるのだから、相当な胆力の持ち主である、と思ったものだ。ところが、新聞記事によると「先週末、小泉さんから『元気がなくなりました。何も食べられません』と電話があった。騒動を気にして思い悩んでいるようだった」(毎日新聞のweb記事より抜粋/後援会幹部談)と、早くも小心なところを見せ、事態が収拾する様子がないと判断して、自死を選んだと思われる。

公的立場にある人は、某市長や元首相に例を引くまでもなく、発言には、慎重に慎重を重ねてするのが当然であると思っている。今回の件は、自ら燃料を投下して炎上し、その炎に自らまかれるという自業自得と言うか、死んでお詫びを、と思った結末なのか、後味の悪い結末になってしまった。
当方も愚痴を書く可能性がないとはいえないだけに、公人ではないにしても死を想起しないといけないほど炎上させないように肝に銘じたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック