支持率を考える

野田新内閣の支持率がかなりいいようである。
前がでたらめすぎて、「ちょっとでもまともな人」がなれば、十分に稼げる数字でもある。その意味を含めても、かなり実情を写していない数字といえる。

しかし、その数字が60パーセント前後、と言うことは、評価していない国民はかなりいるということに他ならない。
その逆を考えると、「増税確定」「外国人参政権あげていい」「外国人から献金もらっていても全然OK」「素人内閣でも大丈夫」「外交なんてどうでもいい」・・・この数字が、「顔が変わってよかったから支持」という風に答えた結果だとすると、この2年間に、国民は(少なくとも、支持した人たちは)民主党の成果や仕事ぶりを見ていない=勉強をまったくしていないということになってしまう。

誠実さを「演出」した代表戦での演説。しかし、それすなわち人柄という風に判断するのは間違っている。事実、外国人献金が取りざたされている。某外務大臣の前ナントカ氏が即辞任に追い込まれたスキャンダルであることは記憶に新しいところだ。しかも某国の団体からの選挙協力もあったと聞く。十分「あ、昔のルーピーや「アレ」と一緒じゃん」と、化けの皮がはがれるのも時間の問題である。

いつまで「過半数の人」からの支持を得られるのか?注視してみて行きたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック