マスコミvs日本国民

8/21のテレビ局に対して行われた示威活動は、ものの見事に新聞/テレビは完全スルー=なかったことにするつもりのようだ。
勿論、標的にされた当該放送局など、翌日には相変わらず、外国タレントの動静(コンサートの模様)をのうのうと放送する有様。「勝手にやってれば。うちも勝手にやらせてもらいます」という意思表示に見て取れた。

とは言うものの、そんな「勝手」が許されていいはずがない。
知られてはまずいことは報道しないということがマスコミのスタンダードであることが今回の件で白日の下にさらされた。つまり、連中が「まだ知らせていないこと」は五万とあるということにもつながる(事実、放送されてしまったとはいえ、元復興担当大臣の暴言など、中央の放送局は後追いになってしまっていた=問題視しなかったわけだし、依然として「アレ」の外国人献金問題も追及しているそぶりすらない)。
今回のデモを報道出来ない理由、それは身内の恥だからではなく、知らせてはまずい勢力がいるからに他ならない。そしてその勢力とは「良識ある日本国民」その人だからである。

果たして、このネット社会でいつまで隠し通すつもりなのか・・・。お手並み拝見と行きたいところである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック