「お縄」一郎も近いか?

1/23土曜日に、民主党・小沢一郎幹事長が地検特捜部の事情聴取に応じた。
報道されている通り、「秘書がやった」「知りません」「判りません」のオンパレードだった。
これで政治団体の「長」が務まるとは、驚きあきれる。自らの資金団体がこんなずさんな会計処理を行なっていた事を恥じないばかりか、修正するそぶりも見せない。それは逆に、不信感をあおる結果になっている。
4億円は、400,000,000と記載される。9桁の数字の出入りを「忘れ」たりする経理は異常だ。

それにくわえて、偽装工作めいた書類も浮かび上がっている。関与がないのなら、そのサインはなんなのか?まさか書類の中身もよく読まずに署名したはずはなかろう。「潔白だ」といえば言うほど、その言葉が空々しく聞こえる。
国会会期中の逮捕は不逮捕特権や、国会に対する逮捕許諾請求といった了承を取り付けなくてはならず、事実上無理といえる。一部国民や識者の中にも「不実記載/記載漏れ程度では立件は難しい」との声もある。
それでもなお検察は攻め続けようとしている。おそらく、かなりの巨悪に関する情報を持っているからの捜査なのだと思いたい。そして、媚中・親韓な政治家に正義の鉄槌が下されんことを切に望む。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック