偶然ってかさなるもんですね。

 ちょっと時間があいたので、普段行くところと違う、職場近くの献血センターに立ち寄った。
 すると、時間待ちをしているであろう、初老の男性が読んでいる本を見て驚いた!私がつい先日買った本を読んでいたからである。
 その本とは、自身も「信頼の置けるコメンテーター」と全幅の信頼を寄せている青山繁晴氏の「日中の興亡」。ブックカバーはしてあったが、一部グラビアページに特徴があり、その部分をたまたま開いていたため同一の本を読んでいると気づいたのである。

 それにしても。同一著者の同一本を読んでいる人を見かけるのはかなり珍しい。しかも、週刊誌やマンガ本ではなく、かなり硬派な部類のハードカバーである。いやはや、偶然というものは恐ろしい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック