ダイエーの強気はどこから来る?

 一応「中の人」のセーチャンです。ダイエーシンパ高じて勤め人になってしまっているわが身を思うとおめでたい限りといわざるを得ません。さて、再生機構入りを強烈に拒み、いわば、国にけんかを売ったのと同じダイエー本社。グループ企業もめぼしいところはすでに売却や統合で現金化しており、「売るものがなくなっている」状況。最終的には軍門に下ると予想していました。
 すでに「中内商店」の色合いはまったくなく、下手をすると地域密着型スーパーにもMDの面で劣っている地区すら散見される中でのこの強気。私は実はこんな「計画」が社内で持ち上がっているのでは、と見るのです(たとえ私が「中の人」でもここからは推測の域をでませんが、こういう見方もあり、ということです) 。
 それは「グループ食品スーパーの大合併」です。ここにダイエーも名乗りを上げ、食品スーパーとしての再生を目指していくというものです。バブル期に踊らず、そこそこに出店してきた関東系の「マルエツ」や同じく堅実路線で出店も進めている関西系の「サカエ」。どちらも食品に特化し、なかなかの売り上げを見せています。合併というマスの力、何よりも負債という痛みを少しでも分かち合えるという点で魅力的に映ります。この論拠は、マルエツの株主No.2の丸紅がダイエーの再建に乗り気だということです。もっとも、全国規模のスーパーが地域スーパーを飲み込むという図式はあったものの、ダイエーが地域型スーパーの集合体に参画するのかどうかは微妙です。第一、それが実行に移るとき、「ダイエー」の名はなくなってしまうからです。
 世間一般の目が厳しいことは承知の上。それでもあえて民間主導で(とはいっても額がでかすぎますからね。どこが手を上げてもあっと驚くビジネスになるでしょうね) と軍旗を降ろさなかったのは、一種の気概、いや、負け惜しみだったのかもしれません。「中の人」も結構大変なんですよ・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ダイエー考 その2

    Excerpt: ダイエー問題も大詰め。ホークスが優勝を逃した日に役員会を開き、事実上産業再生機構 Weblog: スズメの巣 racked: 2004-10-12 22:18